幼稚園や保育所の入園を考えているパパママは必見!「子ども・子育て支援新制度」

*

「幼稚園・保育園」を選ぶ前に!
 知っておこう!「子ども・子育て支援新制度」

子ども・子育て支援新制度

子ども・子育てに関する様々な問題を解決するために、2015年(平成27年)4月から、
全国で「子ども・子育て支援新制度」がはじまり、「幼稚園・保育園」等の利用の流れが変わりました。

スポンサードリンク

「子ども・子育て支援新制度」ってどんな制度?

「子ども・子育て支援新制度」とは、日本の子ども・子育てに関する様々な問題を解決するために、2015年(平成27年)4月から全国で導入された新制度です。

「子ども・子育て支援新制度」の目的は、すべての子供、子育て家庭を対象に、幼児教育、保育、地域の子ども、子育ての質と量を充実させることです。

簡単に言うと、
「社会全体で子育てを支援していこう!」
「子ども・子育ての質と量を拡充していこう!」

というのが新制度導入の狙いとなっております。

これから「子ども・子育て支援新制度」をご利用になる保護者のみなさんには、新制度によって子ども・子育て支援として、どのような事業が始まり、そのための手続きはどのようにすれば良いか?などの点を、ぜひ知っておいて頂きたいと思います。

「子ども・子育て支援新制度」の特徴は?

新制度で増える保育の場

▼保育サービスの拡充

「子ども・子育て支援新制度」では、0~2歳の保育施設の選択肢が増え、 19人以下の少ない人数を対象とした小規模保育等を増やして、待機児童の解消を目指すというのが一つの目的となっております。

▼子どもが減っている地域では、身近な保育の場を確保!
 保育の質もしっかり改善

新たに 小規模保育や、保育ママなどの地域型保育をつくることで、都市部では待機児童の問題を解消し、子供が減っている地域では、身近な保育の場を確保していきます。

▼幼稚園、保育所に加え 認定こども園の普及

「子ども・子育て支援新制度」では 消費税の引き上げによる財源も活用して、すべての家庭が安心して子育てできるよう応援していきます。
具体的には、これまで幼稚園、保育所が多く利用されてきましたが、これに加えて、両方の良さを合わせ持った「認定こども園」の普及をすすめます。

▼認定こども園とは?

認定こども園とは、幼稚園と保育所の両方の良さをあわせ持ち、教育と保育を一体的に行う施設です。
保護者の就労状況にかかわらず、0~5歳まで通えます。
・認定こども園は4種類あります。

1.幼保連携型認定こども園
  :幼稚園と認可保育所をあわせもつ施設

2.幼稚園型認定こども園
  :幼稚園と認可外保育所をあわせもつ施設

3.保育所型認定こども園
  :幼稚園機能と認可保育所をあわせもつ施設

4.地方裁量型認定こども園
  :幼稚園機能と認可外保育所をあわせもつ施設


「支給認定」の交付を受けよう!

支給認定の交付を受けよう

▼新制度の施設を利用するには?

子ども・子育て新制度では、子供の年齢と保育の必要性に応じて、「支給認定証」の交付を受ける必要があります。(上記図参照)

【1号認定】~子供が満3歳以上で、幼稚園等での教育を希望する場合
・利用できる施設:幼稚園・認定こども園

【2号認定】~子供が満3歳以上で、保護者が「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合
・利用できる施設:保育所・認定こども園

【3号認定】~子供が満3歳未満で、保護者が「保育の必要な事由」に該当し、保育所などでの保育を希望する場合
・利用できる施設:保育所・認定こども園・地域型保育

あなたの「認定区分」は?利用できる「施設」は?

まずは下の「ポイント3」の図と、その下にある「保育を必要とする事由」の図を使って、ご自分の「認定区分」と、利用できる「施設」をチェックしてみましょう♪
あなたの認定区分 利用できる施設は?
保育を必要としている事由


新制度に移行している幼稚園と、新制度に移行していない幼稚園がある!


幼稚園を希望している方は、要チェック!

上記図の利用施設において「幼稚園」だけは、新制度に移行している幼稚園と、新制度に移行していない幼稚園があります。(その他の利用施設は、すべて新制度に移行しております。)

各幼稚園の方針によって、新制度に移行している幼稚園もあれば、新制度に移行しないという方針の幼稚園もあるということです。

注意して頂きたいのは、新制度に移行している幼稚園と、していない幼稚園では、手続き方法が違う!
ということです。

  ↓↓↓

【新制度に移行している幼稚園の場合】
認定を受ける必要があります。各市町村で「認定」を受ける必用があります。
下記、ポイント4の図「新制度~利用手続きの流れ」を参照下さい。

【新制度に移行していない幼稚園の場合】
認定を受ける必要はありません。直接、その幼稚園に申し込みます。

現段階では、「新制度に移行している幼稚園」の方が少ないのが現状ですが、幼稚園を希望している方は、 事前に「新制度に移行しているかどうか?」をチェックしておきましょう。

※当サイトでも、札幌市各区の幼稚園一覧を掲載し、「従来型」「新制度」とわかりやすいよう表記しておりますので、幼稚園選びの参考になさって下さい♪

新制度~利用手続きの流れ

施設などの利用手続きは、認定区分によって異なります。
「1号認定」「2号・3号認定」の方は、それぞれ下記の図「利用手続きの流れ」を参照下さい。 新制度~利用手続きの流れ

保育料について

新制度における保育料については、「認定区分」「保護者の所得」に応じて、保育料が決まります。
※保育料は、国が定める上限額の範囲内で、それぞれの市町村が定めますので、各市町村によって、保育料が異なります。

新制度における「保育料」のポイント!


【ポイント1】
保育料は保護者の所得(市町村民税所得割課税額等)を基に算出されます。
※施設によっては、基本となる保育料のほか、スクールバス代などの実費負担や、各施設が独自に質の向上を図る上で必要となる、追加の負担額が生じる場合があります。

【ポイント2】
新制度では、毎年9月が保育料の切り替え時期となります。
例えば、
2016年9月までの保育料は、前年度市町村民税額等に基づく保育料となり、
2016年9月以降の保育料は、当年度市町村民税額等に基づく保育料となります。

【ポイント3】
きょうだいで利用する場合、最年長の子どもから順に2人目は半額3人目以降は無料となります。



入園準備特集

保育園や幼稚園に、入園する前までには準備しておきたいもの、揃えておきたい「通園グッズ」、忙しいパパママに「便利なサービス」をまとめてご紹介します♪


01位

「入園準備」 特集

「入園前に揃えたい!」入園準備特集

只今、準備中!

2017年1月中旬頃、
公開予定です♪


お楽しみに^^